歯を失った時の選択肢

インプラントという選択

入れ歯とインプランという選択

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、歯の補填治療をする必要があります。治療としては、入れ歯、インプラント、ブリッジから選択するようになります。インプラントは手術になるうえ、特別な場合をのぞいて保険が適用されないので、選択肢からはずされる傾向が多いです。そして残りの選択肢ですが、ブリッジができる状態なのであればいいのですが、できない場合は入れ歯ということになります。歯を出したり入れたりの煩雑さなどがネックで、治療して噛み合わせが合わない場合などは、再度医師に相談しなければいけません。どの治療もメリットデメリットがあり、よく検討する必要があります。

歯の機能を取り戻すインプラント

これまで失った歯の機能を取り戻すことが出来るアイテムとして、入れ歯がありました。しかし、骨が痩せている場合などはなかなか合わずに本来の機能を取り戻すことが出来ていないと感じる人も少なくはありませんでした。そこで、近年人気を集めているのが、インプラント治療です。入れ歯とは異なり、人工歯根を顎の骨に直接埋め込む為に、噛む力を取り戻すことが出来るというメリットや見た目が自然であるということ、合わないということがないということがあります。治療を行うクリニックも増えてきていることから、今後ますます注目されるでしょう。

インプラントの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 入れ歯とインプラントの違い All rights reserved