入れ歯とインプラント

入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントは違う

入れ歯は歯の無い部分の前後の歯にフックではめ込み補ったり、全ての歯を抜いた後に総入れ歯をはめ込んで咀嚼出来るようにしたもので着脱可能なものです。これに対しインプラントは顎の骨に直接人工の歯根を埋め込み固定をするもので、着脱できません。大きな違いは着脱可能かということですが、顎の骨の状態によってインプラント適応ではない人もいるので、まずは歯科を受診して相談することが一番です。両社ともメリットもデメリットもありますし、保険適用されるものされないものがありますので、費用の面でもまずは相談してみることが必要です。

歯の欠損治療に関して

歯を失ってしまったら失った歯の欠損治療をする必要があります。ブリッジができない場合だと、インプラントか入れ歯の選択になります。インプラントは手術によっての治療になりますのでそれだけリスクも伴い、治療費も保険適用外となるので高額となるのがネックです。入れ歯ですとそういったリスクもなく保険も使えて安価に治療を受けることができますが、審美性、機能性の面でデメリットがある場合があります。どちらの治療を選ぶかは、それらの治療のメリット、デメリットを考えながら専門医とよく相談しながら判断するといいでしょう。

インプラントの情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 入れ歯とインプラントの違い All rights reserved